単身熟夫人とスキンシップたっぷりのカップルというセックス

こういうラッキーメイルの感想のひとり暮し熟女子のように、表皮欲しくてスキンシップたっぷりのカップルもののセックスがしよという妻って、出会い系サイトにも結構多いんですよね。ただセックスして終わりといった関わりは望んでいない女性の方が多いのかもしれません。宿屋を出た事後、一緒にアイスを食べて帰るというのも何かいい感じですよね。
【ラッキーメイル感想・34年齢父親(茨城県内)】
数日プレ、ひとり暮し熟女子の明美ちゃんと新宿西口で待ち合わせて、アームを繋ぎながら宿屋へ行ってきました。最近はセックスしていないらしく表皮恋しかったようです。だからスキンシップを満杯やると事前のコミュニケーションで言われていたので、シャワーを浴びた後はなかなか長く、裸で抱き合っていました。何度も何度もキスしながら。久々のセックスだからか、ボトムスを脱がすときは妙に恥ずかしがっていました。そしてボトムスを脱がすとかなりの剛毛だったのでそれが恥ずかしかったのかもしれませんね。でもぼくは剛毛が大好きなのでそれを目の前にして異様に興奮してきました。剛毛をかき分けてアソコを見てみるととってもカワイイなおまんこで、ひびを広げてしげしげと観察してしまいました。そしてエッチな動画をしてると、ピンク色の粘膜がヒクヒク動くのが興味深かったし可愛かったですね。「おまんこ自分で動かせるの?」と聞くと、「動かせるよ」といって膣盲点をドクンドクンと動かしてくれました。この後も、卑猥な会話をかけ続けながらクンニしました。明美ちゃんのクリトリスは一体全体大きかったんです。思い切り舐め価値がありましたね。ちっとも赤ちゃんが乳首を吸うような感覚で思う存分吸い続けてしまいました。クリを延々と舐め続けていると、「ただただ指も入れて」といわれたので、アームマンも同時に行いました。クリトリスを吸いながら二正式の指を曲げて中間をかき続けると、風貌を真っ赤にしながら喘ぎ音声をあげていました。アームマンの外圧に耐えてる明美ちゃんの歪んだ顔つきが実にとても可愛かったんです。そして次に四つん這いの状態にしてお尻の盲点を広げました。お尻の盲点の周りにもびっしりと毛が生えていました。お尻の盲点の筋を数えたりして遊んだ事後、じっと舐めました。お尻の盲点を責めてるスパン、両手の指でクリトリスと膣盲点をいじっていました。がら空きのクリトリスをこねながら、やがてお尻の盲点に舌を侵入していきました。そして今度は明美ちゃんが何かと奉仕してくれました。思い切りキスや愛撫が上手で、焦らしテクニックには完全に骨抜きにされてしまいました。ありのままシックスナインの体勢になり、四つん這いになったMちゃんの腰を抑えて、舌を突きだして力一杯ピストンしました。明美ちゃんのフェラが止まり、おまんこういうなかがヒクヒクしたり、舌を締め付けるのがわかります。そして我慢できなくなった明美ちゃんに「入れて」といわれて騎乗弱でしたのですが、あまりの気持ちよさに5分け前くらいですぐにイッてしまいました。そのあとは半くらい抱き合いながら眠りました。宿屋から出たあとは、ルミネの呼出しドス言い方でアイスを一緒に食べてから帰りました。さすがただ出会ってセックスして終わりというだけじゃなく、心構えが通じ当てはまる関係でセックス以外の時間も楽しめるというのが最高ですよね。また近いうちに会いたいな。出会い系サイトでサクラのバイトをした体験談